ホームボタン
看護師として働く上で給料がどのぐらいなのか

看護師として働く上で給料がどのぐらいなのか

看護師として働く上で給料がどのぐらいなのかということは知りたいことだと思います。全国での看護師業務年収は平均すると、437万円ほどです。

ただ、国立や県立、市立等公立看護師と建物施設で働く場合は、公務員としての勤務であるため、平均年収は593万円程というデータが出ています。

公務員看護師は給料の上昇する率も民間の看護師と建物施設より高く、福利厚生の面でも充実しています。

その一方で、準看護師業務の場合、ナース転職に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。ナース転職の国家試験に受かることよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。

看護学校はそれほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年だそうです。

それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、できれば、看護師業務の職についてもらいたいですね。

転職先を考えるにあたり、病院にする理由は何があると言えるのでしょう。最初に言えるのは、給与の良さです。

治療する施設は病床をもつことになるため、看護師業務はほぼ夜間勤務が発生します。

日勤、夜勤を繰り返すシフト体制での勤務は、かなり疲れるものです。ただ見方を変えれば高い年収を得ることが可能。もっと給料を上げたくて職場を変えたい看護師からみるとそうした職場は希望だと思います。いつ看護スタッフが別のベテラン看護先に動けばよいのかですが、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、具体的には1月、6月がオススメです。

たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの医療と看護が良いか90日間は余裕をもって、焦らず比較検討するとよいでしょう。

急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、人材募集が増加してくるタイミングまで控えるのがよいでしょう。

看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて迅速に行動することが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。

未来の自分の姿を明確に思い描いて、その希望に合った転職先の情報を少しずつ収集してください。年収はもちろん、医療と看護環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も数え上げておきましょう。

看護師の勤務しているところといえば、治療する施設と考えるのが一般の考えでしょう。

しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、治療する施設以外にもいっぱいあります。保健所では、保健師と連携し、地域住民の健康上の様々な手助けをするのも看護師の役割です。

また、福祉施設の中には先生と呼ばれる人が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師業務が行います。やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると良くない印象となるのかというと、そうとは限りません。自己アピールの方法次第で、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。そうは言っても、勤務期間があまりにも短い場合は、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が高いでしょう。

看護師として勤務を病院に移すときに、業務に就いたことがある診療科に就くことになれば、すぐに実戦で業務に就くことが可能です。そして、業務経験がない分野へ変わるのは業務経験を広げるという面でこの上ない機会に違いありません。

看護師業務のための転職サイトの中に、祝い金をくれるところがあります。転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。

けれど、お祝い金を受け取るためには条件がないことは少ないので、チェックを事前にきちんとしておくようにした方が吉です。それに、お祝い金がもらえないサイトの方がサービスが良い場合も出てきます。ナース転職の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に医療と看護によっても異なってきます。

一般に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという看護師と建物施設が大半です。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制のシフトの看護師と建物施設が多いでしょう。

ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。

Copyright (C) 2014 看護師ハローワークstudio連絡団 All Rights Reserved.
看護師ハローワークstudio連絡団